« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

マリー

025

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

リリー

024

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

マリー

022

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

リリー

023 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

マリー

020

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

リリー

019

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

マリー

018

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

リリー

015

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

マリー

017

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

リリー

010

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

マリー

013 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

リリー

002

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

マリー

005

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

リリー

006

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

マリー

004

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

リリー

003

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

ぎんなん

今日は、いつも散歩に行くところにあるイチョウの木の下にいっぱい落ちていた銀杏を拾いに行きました。かぶれるといけないので、トングを使いました。ボーイと私は、毎年銀杏を拾いにあちこちに行きます。今日の収穫は最高でした。粒がすごく大きくて、数もたくさん落ちていました。人が通らないところなので、ぐしゃぐしゃになっていなくて、拾いやすかったですし。

帰ったらゴム手袋をして、ぶちゅぶちゅの銀杏の実を取り除きます。くさいくさい。種をきれいに洗います。食べるのは種の中ですから。なんべんも水を替えてきれいにしたら、ざるに入れて乾かします。銀杏は、毒があるので、いっぱい食べてはいけません。年の数食べていいとも言いますが、マーシャが90個も食べてはいけませんし、私だって35個も食べてはいけないと思います。

銀杏拾いだーいすき!

Cadvvr0j_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

エンジン

強化されたみっけちゃん、すごいです。今までとは別人のように、スカっとエンジンがかかります。どよどよどよどよドルン!だったのが、ひねってバリン!という感じ。さくっとしています。もう、一生乗れるな、と思いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

強化

昨日、みっけちゃんの強化をしてもらいました。竹内君が来て、直して行ってくれたのです。保育園の迎えの時間と重なったので、行き違いで会えなかったのですが、みっけちゃんは竹内君に会えて、とてもうれしかったと思います。

竹内君から、座席に置き手紙が置いてもらってありました。そこには、エンジンに火をつける部分を強化させていただきました、等と書かれていました。

私はその字をとても気に入りました。ワニが書いたんかの?と思えるほどに、いい字でした。

Kyouka

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

ノチドメ

秋になると、エノコログサの仲間の草たちがかっこよく風になびきます。それがあるから秋が好きだとボーイは言います。

うちの庭に、芝生と一緒に生えていたノチドメの写真です。かわいくって、私の大好きな草です。名前の由来は、昔これを貼って傷口の血を止めたそうです。こんなバンドエイド、かわいいなあ。ぺったんこ。

Nochidome

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

森へ

森へ行ったら、来た事のない森でした。初めて入った森でしたから、そうだろうな、と思いました。その森の入り口には、鉄の橋がかけてありました。その下には、浅い川が流れています。きれいな川で、魚が泳いでいます。頭の中はマイケルジャクソンでいっぱいでしたが、森に入るとそれも忘れました。森の中で、たくさんのかけらを見つけました。このかけらを集めて、ここで商売をしたらどうだろうか、と考えました。陶器のかけら、木のかけら、石のかけら、ガラスもあるよ、全部がきれだよ、と、ぽそぽそつぶやいていると、その言葉たちは木にぶつかって、また私の口に戻ってきました。

Hashi

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

カラス

今回のカラスの絵、なんだかはまり込んでしまって、今日の午前中に、やっと出来ました。いつも一発で決まるのに、何枚も描いては違うな、違うな、となってしまったのです。けど、最後は思ったように描けたので良かったです。

西屋さんがカラスとは別で取り組んでる冊子の方も進んできてて、すごく楽しみです。私もそこに絵を描かせていただくので、うれしいうれしい。わくわくというより、ぞくぞくしています。

いしいしんじさんが、「四とそれ以上の国」を出した時、「いしいしんじが狂った。」と言われたそうです。狂ったというのもよいですが、私はその本を読み、いしいさんが目を覚ました、と思いました。眠ってるいしいさんも好きでしたが、目を覚ましたいしいさんの方が、私は好きです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

たまごごわん

ガールは、卵ご飯がだいすきです。「たまごごわんたべたい。」と朝5時に起き、夜寝る前にも、「たまごごわんたべる!」と言って作らせます。

お茶碗に3分の1くらいの少しのご飯に卵の黄身だけを入れて、しょうゆを3滴くらいたらします。まっきっきです。黄金ごわんです。おかわりもしますし、いつも白身が残ります。それを焼いたものは、ボーイが食べます。ボーイは黄身が嫌いなので、ちょうどいいのでした。

ジャック・スプラットあぶらがきらい

そのおくさんは あかみがきらい

だからごらんよ なかよくなめて

ふたりのおさらは ぴかぴかきれい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

添い寝

子らを寝かしつけるために添い寝をしていると、いつも私が1番先に眠ってしまいます。

子供を産むまで、子供はベッドに置いたらすぐに寝てゆくものだとずっと思っていました。けれど、それは間違いでした。赤ちゃんは私にくっついていないととても不安で、眠りにつくまで、じっと、そっと、そばにいてあげなければいけないのでした。お乳が出る時期は、一緒に横になっておっぱいを吸わせながら寝かせる方法が1番早く眠ってくれました。

欧米ではこの習慣がないので、添い寝について、賛否両論あるかもしれません。けれど、スキンシップの少ないわが国で、小さな時に母親と思う存分触れ合って満たされてきた人に、どういう悪影響があると言えましょうか。毎日の終わり、ちょっと怖くてちょっと不安な夜、母親の優しい声を聞きながら、すべすべの肌に触りながら、体をぴったりくっつけて夢に落ちてゆく。温かい手。暗闇も時間も何もかもが渦に飲み込まれるその感覚を、母親に身を寄せながら感じる。その大切な積み重ねは、ふわふわの層になってその人の強い芯になることでしょう。

自立しにくいとか、甘えるとか、そんな先のことを心配するよりも、目の前の赤ちゃんが安心しきった顔をして眠ってゆく、それを確認することで母親としての自覚も強まり、絆も深まるのではないでしょうか。

ではなぜいまだに添い寝をしているのかというと、タイミングを逃したからではありません。夜、電気を消してから始まるボーイのピロートークがおもしろくておもしろくて、大笑いしながら眠ってゆく子らと一緒にいることが、私の1番しあわせな1日の終わり方だからです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

生キャラメル

今飛んでいる花粉は何なのか知りませんが、今週くらいから鼻がむずむずして、昨日はひどかったので、朝に鼻炎の薬を飲んだら、1日眠っていました。せっかくみんなで伊勢に行ったのに、車中でずっと寝ていたし、帰ってきてもふわーっとしていて、昨日のことはよく覚えていません。

3年前に亡くなった叔父は、読書家で、自宅も別荘も、壁という壁は本で埋め尽くされていました。入院先の病院にも大量の本と、いつも座ってるソファーとテーブルを家から持ってきていました。もう字は読めないのに、いつもそばに本を置いていました。お見舞いに「年をとったワニの話」や「庭の小径で」を持って行くと、叔父はうれしそうでした。

昨日はその叔父の家に行って来ました。叔母の京子さんは相変わらずにふわふわときれいで、透き通っていました。京子さんがくれた高級生キャラメルを、ボーイはねちねちねちと噛んでいました。そして、まずい、と言いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

赤ちゃん

じゅんちゃんに赤ちゃんが生まれたので、うれしくてそわそわしています。かわゆい男の子だそうです。なんとなしに、じゅんちゃんの耳を持っている予感がします。早く会いたいなあ。

今日は1日、みたらしだんごのだんご1個分の大きさに脳みそが分かれていて、そのころころの脳みそを、ひとつひとつくっつけてゆくのが大変でした。全部くっつけてから、右脳と左脳を分けました。

つい最近、小5の女の子から手紙を貰いました。そこには、「みっけちゃん」が、絵本の中で1番だいすきです、みっけちゃんとレーネちゃんがこれからどうなってゆくのかを、読むたびに想像します、私は物語を書くのが好きですが、みっけちゃんみたいに続きが読みたくなるようなお話の書き方を教えてください。いやじゃなかったら。という内容でした。それは、私が教えて欲しいです。と思いながらも、うれしくて、返事を長々と書きました。私が小学生の頃、空想ばかりしていたけど、文字にして書くなんて考えてもいなかったので、この女の子はすっごいなーと思います。

それから「パリ、テキサス」を見たので、彼らのその後をしつこいくらいに想像しました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

こないだ、ガールが自転車に乗せて欲しがったので、JJは慣れないママチャリに乗って、紙屋さんに行きました。薄い薄い和紙を2枚買っての帰り道、橋を渡りました。そこに、強い風が吹きました。自転車の前のかごに丸めて入れてあった和紙が、ふわりと川に落ちました。大きな川ですし、満潮でした。それに、薄い薄いぺらっぺらの紙なので、すぐに水を吸い、見失ってしまいました。JJは、ガールがいたので、その場はあきらめ、家にガールを連れて帰ると、また紙を探しにゆきました。

結局見つからずにしょんぼりのJJは、新聞を見て、明日の干潮を調べました。母としこが「溶けたんでないかい?」と聞くと、「溶けない。」とJJ。私が、「カニが、すき直してるかもしれないよ。」と言うと、「それは、分からないな。」と言いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »