« 帽子 | トップページ | ツイットル »

2010年11月12日 (金)

手作り絵本

昨日は、津市主宰の手作り絵本コンテストの審査に行ってきました。審査する人は5人いて、審査委員長は増田さんでした。228冊の応募があり、全部の絵本を読みました。描いた本人はそんな気持ちはないのでしょうが、シュールでナンセンスでマニアックな絵本が何冊かあり、私はそれを天然で出来ていてすごいなとうらやましく思いました。増田さんも私も、子どもの描いた作品の方が楽しくって選ぶのに迷いました。

テーマが「夢」でしたが、それが作品に反映されていたのかは分かりませんでした。けど、夢って何だろうか、と思いながら見ていました。

絵本を描いていると言うと、よく「夢があっていいわねえ」と言われますが、夢があるとはどういうことですかとうんざりしてしまいます。ファンタジックねーということなのか、私毎晩夢見るのよ、けど絵がへたくそだから絵本で表現できないの、あんたはそれを絵本に出来ていいわねえ、ということなのか、将来の目標があってよいね、まだ売れてないから頑張ってということなのか。言われるたび、一回一回そんな意地悪を思いはしませんが、おもにおばはん、夢大好きです。私はそうやって外から見ていないんだろうな。中に入っているということなのだろうな。

« 帽子 | トップページ | ツイットル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作り絵本:

« 帽子 | トップページ | ツイットル »