« ふて寝 | トップページ | ブラックホール »

2011年8月22日 (月)

名古屋港

昨日の松原さんと浅田さんの写真師トークに行きたかったのに、行けませんでした。予約の席も取っていただいて、とても楽しみにしてたのに、楽しみにしすぎて子らを実家に預けてひとりでじっくり聞きに行こうとして、ガールに昼寝をさせようと、添い寝したまま6時間も寝てしまったのです。気絶でしょうか。ほんとうにすみませんでした。

お盆休みは、初めての名古屋港水族館に行きました。いつもは鳥羽水族館に行っているので、今年はよそに行こうと思ったのでした。名古屋のそこは、大きな水槽がいくつもあって、海獣も多く、迫力満点でしたが、私には、ちいさな水槽でひとつひとつを専門的に見れる鳥羽のが楽しめました。鳥羽は、おたく的水族館と言えましょうか、狭い水槽にすんでるから、じーっと観察できるんです。海を再現した大きな水槽は、一匹を目で追いにくいのだな。

水族館の近くに、ふじという南極観測船があって、中に入って見る事ができました。タロとジロが乗ってた船です。当時の様子を再現している蝋人形の乗組員がちょっと怖くてとても楽しかったです。食堂では数人がシチュウをこしらえていたし、船内床屋ではカットの途中でした。ガールがそれを怖がって怖がってきゃーきゃー泣くので、それもかわいくってかわいそうで、いい思い出になりました。

ガールはまだ、ちょっと動かない人を見るとびくっとして「あれは蝋人形か。」と聞きます。

« ふて寝 | トップページ | ブラックホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋港:

« ふて寝 | トップページ | ブラックホール »