« ブラックホール | トップページ | じゅんちゃん »

2011年9月 1日 (木)

ベッツィーナジョンソン

今日から新学期です。昨日の晩、あー夏休み終わったーとつぶやいたら、ボーイの目が潤っていました。けど、今朝になったら久し振りの友達に会うのが楽しみなようで、うきうきしていました。よかったよかった、私も久し振りに森に行って苔玉でもこそげ取りに行こうかなと、いつもの森にいくと、ほら穴の前にひとりの女の子が立っていました。

その子は、日曜日の朝みたいな女の子カペリーちゃんではありませんでした。その子はベッツィーナジョンソンという名前で、木曜日の昼寝中みたいな女の子でした。

ベッツィーナジョンソンは、私にこう言いました。「しごとを、見てほしいの。」

ベッツィーナジョンソンの後について私はすこし歩きました。ベッツィーナジョンソンが立ち止まったそこには、ちょっと、穴が掘ってありました。周りにはその穴を隠すように大ぶりの枝がぐるりと立ててあります。これは何?と聞くと、ベッツィーナジョンソンは、「ウムチ会場。」と言いました。

森にウムチ会場をこしらえるんがベッツィーナジョンソンの仕事だそうです。

« ブラックホール | トップページ | じゅんちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッツィーナジョンソン:

« ブラックホール | トップページ | じゅんちゃん »