« ホンツヅキ | トップページ | 更新! »

2014年6月19日 (木)

まほうのふえ

バーイシコ バーイシコ 自転車がほしいですかほしくないですか どっちですか。

三重県文化振興事業団さんから「まほうのふえ」という絵本が出ました。おはなしは、モーツァルトのオペラ「魔笛」を題材にしたものです。文化さんの創立20周年記念に上演されるオペラ「魔笛」の関連企画作品です。

編集を南谷佳世さんに、ブックデザインは後藤美月ちゃんにしていただきました。販売は総合文化センターのショップです。またメリーゴーランドさん、メリーゴーランド京都さんでも販売していただくことになりました!東京ではシーモアグラスさんでも読んでいただけます。ありがとうございます。

「魔笛」ってとってもへんてこなお話ですので、長いおはなしを分かりやすい絵本にすることをいちばんに考えました。ですが、デザインをお願いした美月ちゃんに「最初読んだ時、終始呪文を読んでいるような、外国の絵本を読んでいるような、さっぱりわけが分からない感じがした。」と言われました。それを聞いて、じゃあ大丈夫だと思いました。南谷さんも、じゃあ大丈夫ねとおっしゃっていたように思います。フリーメイソンのお話でもあるので、大人は隠れたテーマや記号、そこいらへんも楽しんでいただけるのではと思っています。

この絵本はとてもクラシックです。もとのおはなしが古いオペラなので、古い楽譜絵本のように仕上げていただきました。そして、星出豊さんに監修をしていただきました。星出さんは、文化さんが3月に上演するオペラ「魔笛」の指揮者で、総合的な監督もされています。南谷さんは、星出さんの解釈を大事にしつつ、私の言葉と表現で描けるようにしてくださいました。南谷さんのお導きはユニークで、常に私とお話に添ってくださっていました。真夜中に描いていても、隣に南谷さんがいてくださるような気がしていました。南谷さんと私と、もうひとりの誰かが、たしかにいました。333。

紙は美月ちゃんが何度も紙屋さんに行って選んできてくれたものの中から、南谷さんと文化の担当の川島さんと、みんなで触って決めました。南谷さんと美月ちゃんのお住まいが横浜と東京ですので、ちいさな紙切れが美月発信で送られてきて、とっても愛しく感じました。中に折り込んである紙は名久井直子さん発明した紙だそうで、すごくちいさなピンクの紙が混ざっていて、すごくかわいいです。美月ちゃんは、今話題の角田光代さんの「平凡」の表紙の絵を描いたイラストレーターさんですが、ブックデザインさせてもかっこいいので、引っ張りだこです。

予算的にもこれは無理なんじゃないかと思うことも、川島さんはいいものになるのでしたら、と、どんどん道を開いてくださりました。

みなさんありがとうございました。

この絵本関連のイベントも目白押しですので、またお知らせします。

Img_1154

« ホンツヅキ | トップページ | 更新! »

コメント

メリーゴーランドで購入したよ。
あまりのカラフルさ、立派さ、価格にびっくりしたわ。
麻がすごい気に入ってるわ〜
パミーナみたいになりたいんやって!

投稿: きょうこ | 2014年7月19日 (土) 22時36分

ありがとう!あさちゃん、京都のパミーナやな。

投稿: alei | 2014年7月21日 (月) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125026/56546487

この記事へのトラックバック一覧です: まほうのふえ:

« ホンツヅキ | トップページ | 更新! »